【浜松三ツ星会】浜松ワインセラー見学 | Web restaurant Salt.com ソルトドットコム

【浜松三ツ星会】天竜水窪&佐久間食材視察ツアー・その壱「浜松ワインセラー見学」

話題のトンネルワインセラー!浜松市天竜区にひっそりと佇む“浜松ワインセラー”を見学させていただきました。

2020年3月17日火曜日。連日報道される「新型コロナウィルス騒動」も何のその!と意気込んだ浜松三ツ星会”のメンバー9名は、浜松市農業水産課の北嶋秀明課長のご協力によって、浜松市天竜区の「浜松ワインセラー」をはじめ、水窪町と佐久間町を巡る“食材視察ツアー”に行ってきました。イベント自粛ムードが広がる中で、ツアーの開催が危ぶまれましたが、無事に執り行うことが出来ました。

 

天気は快晴。春のポカポカ陽気にも恵まれ、天竜の大自然も満喫!絶好の行楽日和となりました。国道152号線をひたすら北へ進んでいくと、船明ダム湖沿に道の駅「相津花桃の里」が見えてきます。そのすぐ奥に、幻のトンネルを利用して造られた天然ワインセラーである「浜松ワインセラー」はあるのです。

 

 

こちらが“浜松ワインセラー”の生みの親「山本六二郎」氏です。

地元そば店「百古里庵」の店主で、天竜の町おこし活動にも積極的に携わるこちらの男性こそが、放置されていた未成線のトンネルを直感で“ワインセラー”にしてしまおうという大胆なアイデアを持ち、それを本当に実現させた浜松ワインセラーの生みの親、山本六二郎さんです。

 

トンネルを塞ぐ重厚感際立つこちらの扉。ヨーロッパの古城を思わせる素敵なデザインが印象的です。静岡文化芸術大学とのコラボレーションで造られたこだわりの作品なのだとか。上部に掲げられた鮮やかなステンドグラスには素敵な「秘密」が隠されているのだそうです。

 

扉のその先へ。いよいよトンネル内部の見学です!

今から50年以上も前、ここ遠州地方と長野県の南信地方を結ぶはずだった幻の鉄道トンネル。1967年から1980年にかけて建設が進んでいったものの計画が頓挫してしまい、これまで日の目を見ることはありませんでした。全長1キロ以上にも及ぶ人口の洞窟が未使用のまま放置されていたのです。

扉をくぐりトンネル内に入ると、湿った温かい空気に包まれた薄暗い空間に販売用のワインが並べられており、さらにその奥に足を進めると、壁の両端に沿って約250メートル、ワインの入った木箱がずらりと並んだ空間が続いていきます。

空調機器など一切使わずに、年間を通じ内部温度を15〜17℃、湿度を70~80%に保つことが出来、ワインを貯蔵する最適な環境が天然の状態で実現しているのだそうです。ワインの天敵とされる紫外線が遮断され、電気も使用していない環境の中で、振動も無くワインを保管するのに最適な環境がここにあるのです。

 

こちらのワインは、数年前に安曇野農業高校の生徒が醸造したワインなのだとか。いかにも熟成が進んでいそうな外観ですね。せっかく自分で造ったワインなのに、高校生は成人するまでお酒が飲めないという悲しい現実があります。「それなら学生が飲めるようになるまでウチのワインセラーで熟成してあげよう!」と、安曇野から高校生が醸造したワインをいくらか買い取り、こちらのワインセラーで熟成させているという、山本さんの男気あふれるハートフルなお話もお聞きすることが出来ました。果たしてどんな味わいになっているのか興味津々でした。

 

扉のステンドグラスに隠された“秘密”とは?

浜松ワインセラーの扉に掲げられている「ステンドグラスの秘密」を教えていただきました。毎年11月のボジョレーヌーボー解禁、第三週の木曜日(現地時間)正午頃になると、太陽の光がステンドグラスを通して通路の真ん中に打ち込まれている杭の場所にきらめくように設計されているのだそうです。なんという粋な計らいなのでしょう。

 

お土産に最適。大人気!ミニボトルワインセット。

お土産に買って帰りましたが、これ本当に美味しかったですよ。

 

【浜松三ツ星会】浜松ワインセラー見学が無事に終了しました!

「廃トンネルをワインセラーとして活用できないだろうか」。そんな大胆な発想から実現した浜松ワインセラーの見学が無事に終了しました。過疎化が進む天竜区山間部に“かつての活気を取り戻したい!”という、採算度外視、男のロマンを感じる山本さんの純粋な気持ちに大変共感させられました。この浜松の地で同じ飲食業に携わる同士として、大変勉強させていただきました。これからも、地域活性化のためにワインセラーの素晴らしさや、地元の良さをアピールし続けていただけたらと心から願います。

「浜松ワインセラー」の山本様、スタッフ他関係者の皆様のご協力に心から感謝いたします。

 

【浜松三ツ星会】天竜水窪&佐久間食材視察ツアーはまだまだ続きます。乞うご期待。

 

今回の参加者は以下の皆様

内田祥三 新中国料理ムーラン(浜松三ツ星会会長)
林竜二 ホテルオークラ(浜松三ツ星会副会長)
鈴木孝治 ラ・サリーブ(浜松三ツ星会会員)
水沼亜美 四川飯店(浜松三ツ星会会員)
伊藤真一 グリチネ(浜松三ツ星会会員)
前田哲治 一般社団法人教育関連事業者ネットワーク
山口識行 ちりとてちん
西原朗 スペイン厨房 tio akira
北嶋秀明 浜松市役所 農業水産課
町田周平 ソルトドットコム (浜松三ツ星会事務局)

 

協力:

■株式会社 浜松ワインセラー
〒431-331401 静岡県浜松市天竜区横川160
https://www.wineceller-japan.com

浜松三ツ星会
https://www.wr-salt.com/mitsuboshi/