【浜松三ツ星会】消費税が10%に⁉︎ 増税対策のお勉強 | Salt.com

【浜松三ツ星会】消費税が10%に⁉︎ 増税対策のお勉強

【浜松三ツ星会】消費増税対策のお勉強に行ってきました

5月21日火曜日、浜松市南区にある可美総合センターにて「シーツーアライアンス浜松」さん主催、消費増税対策がテーマの無料講演会が行われました。我らが浜松三ツ星会会長・新中国料理ムーランの内田シェフと、今回から正規会員となられたイタリアンバルTUMIKIの伊藤シェフと共に、しっかりと増税対策のお勉強をさせていただきました。

 

 

2019年10月より消費税率が 10%に引き上げられます

これまでの二度の先送りを経て、現時点では2019年10月1日に10%に引き上げられる予定となっている消費税は、我々消費者の立場に立つすべての人だけでなく、様々な企業をはじめ、“個人経営の飲食店”といった売り手の立場の方々にも大きな影響を与える政策のひとつとなっています。まだまだ不透明な部分も多い為、不安や混乱などの懸念もあるのが現状かもしれません。おまけに、増税まで残り半年を切り、そろそろ重い腰を上げて対策にとりかからなくてはならない時期。。。とお考えの方々も多いかと思います。

 

 

テーマ「消費増税を乗り切る3つのポイント」

今回の講演会では「消費増税を乗り切る3つのポイント」と題して、今話題のキャッシュレス決済をはじめ、軽減税率の対処法etc…知らない人が損をする情報格差の日本社会で、経営者が生き残る「秘訣」を販促と会計のプロフェッショナルである、シーツー認定講師:松下雅紀さんがわかりやすくお話してくださいました。過去2度にわたって行われた消費税増税のタイミングで、世の中で起こった経済の動きなどのデータをもとに、増税を前にした今、どんな準備をする必要があるかを考えさせられるお話でした。個人店舗の経営者でもある三ツ星会会員たちも、真剣な表情で話に耳を傾けておられます。

 

oldtakasuさんによる写真ACからの写真

 

今話題のキャッシュレス決済の導入が一つのキーポイント!

クレジットカードや電子マネーをはじめ、PayPayやLINE Payなどのキャッシュレス決済システムをいかに導入するかが、増税対策のキーポイントとなるとのこと。…というのは、消費の冷え込み対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段(クレジットカード決済・電子マネー決済など)を使ったポイント還元支援を行う、「キャッシュレス・消費者還元事業」が経済産業省によって実施されるからなのです。

つまり、主に個人事業者は「この機会に国の制度を上手く活用して、これまで経費がかさんで手が届かなかったシステムをお得に導入しちゃいましょう!」ということです。政府は、キャッシュレス決済した消費者に対して「5%ポイント還元」を実施する方向ですので、増税後の景気悪化の予想と、増税前の○兆円規模の駆け込み消費の予想について考えると、今必須の手段と言えるのかもしれませんね。

詳細は、経済産業省公式の「キャッシュレス・消費者還元事業 (ポイント還元事業)の概要」をご覧ください。

 

講師の松下雅紀さんは、WEBデザイナーやコンサルティングetc…の実績をもとに、消費増税対策について非常にわかりやすく教えてくださいました。本当にありがとうございました。

 

 

新中国料理ムーランの「本物のとろける杏仁豆腐」

浜松三ツ星会会長、新中国料理ムーランの内田シェフお手製の「本物のとろける杏仁豆腐」が勉強会で大盤振る舞いされ、事務局の私もおこぼれに預かれることに…。内田シェフが「誰にも真似できない!」と太鼓判を押すこのデザート。香り、食感、味わいetc…すべてにこだわり、一口食べると舌に吸いつくような濃厚さと滑らかな食感が特徴の絶品!杏仁豆腐です。

お勉強の後にいただいたので、一層美味しく感じたのでした。ごちそうさまでしたー。

 

 

今回の参加者は以下の皆様

内田祥三 新中国料理ムーラン(浜松三ツ星会会長)
伊藤真一 イタリアンバル TSUMIKI(浜松三ツ星会会員)
町田周平 ソルトドットコム (浜松三ツ星会事務局)

 

 

協力:

シーツー株式会社
https://cybc.jp/10800100/

 

ミヤビコーポレーション
静岡県掛川市和田288-1-202
https://miyabiweb.biz/10804354/

 

浜松三ツ星会
https://www.wr-salt.com/mitsuboshi/